特徴と魅力

2018/07/13
メディアデザイン学科の特徴と魅力

 情報処理・分析力を中心としたメディアデザイン学科の学び

 メディアデザイン学科では、プログラミングや統計学など、情報処理・分析力を学び、急速に発展する情報社会において必要となる能力をバランスよく身につけます。



コンピュータの知識・技術からデジタル制作技術までを習得

 プログラミングやネットワークなど、時代が求めるコンピュータの知識・技術を習得します。さらに、Webデザインや映像・グラフィックスなどデジタルコンテンツ制作に必要なスキルを養います。

調査・分析・企画からプレゼンまでトータルで習得できる多彩な演習

 マーケティング・分析・企画・プレゼンテーション能力は、企業人としてなくてはならないもの。経験豊かな指導陣のもと、実践を通してプレゼンテーションの企画構成や発表のテクニックを学びます。

メディアテクノロジーを活用し、生活の質の向上を目指す

 目的をもって立案・検討すること=「メディアデザイン」と捉え、メディアテクノロジーを活用しながら、現代社会の様々な問題解決のための企画・立案・実践ができる能力をしっかりと身につけます。



| 学科について::特徴と魅力 | 04:29 PM | comments (x) | trackback (x) |

NEWEST  TOP    

<<前月 2020年07月 次月>>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

POWERED BY

BLOGN(ぶろぐん)