オリジナル商品販売! 小松島港まつり

2010/07/18
メディアデザイン学科の4年・古本ゼミでは
7月18日~19日に開催中の「小松島港まつり」にて
今年度新規開発したオリジナルグッズを販売中です!
(小松島西高等学校さんのブースの隣です)

 
 
 

今回販売しているのは
「徳島再発見シリーズ Vol.1」と題して
・竹うちわ
・クリアファイル の2種類です。
いずれも、本学短期大学部教授で画家の飯原先生が描かれた
懐かしい徳島の風景をあしらったものです。
特に竹うちわは、風情のある阿波紙を使用したもので、
高原団扇製造所のご協力により製造されたものです。

小松島港まつりにお越しの際は
ぜひブースにお立ち寄りください!

| プロジェクト::新商品開発・分析 | 09:02 PM | comments (x) | trackback (x) |

フリールーズリーフ 無料配布開始!

2009/11/05
メディアデザイン学科3年生が
授業「専門ゼミナールB」の一環で開発しましたサービス企画
「フリールーズリーフ」が完成し、無料配布を開始しています!

 

このルーズリーフは地域のお店から1口1000円(=300枚)で
ルーズリーフの下部に入れる広告をいただき、
10枚を1パックに詰め、無料で配布しているサービスです。

学生による企画とプレゼンテーションでは、
本学学生のルーズリーフ利用率が80%にのぼること、
使用したルーズリーフが1年以上保持されること、
1枚当たりの対面時間が30分と長いこと、
4割の学生がルーズリーフをコピーすること、
フリールーズリーフの利用希望が90%に達することが報告されました。

現在大学周辺の7店から広告をいただき、
・9号館1Fラウンジ
・メディアセンター1F アドミッションズ・オフィス前
・メディアセンター2F カウンター
・メディアセンター6F
にて配布を行っています。

 
 

おかげさまで初回配布分はあっという間になくなりました!
月曜と水曜の夕方に補充されます。

後日、学生を対象とした本サービスの満足度調査や
お店を対象とした広告効果に関する調査を計画しています!

※ 徳島新聞Web版2009年11月11日記事
  および徳島新聞200911月11日夕刊紙面に掲載されました。
  なお記事中で「メディア情報学科」となっているのは「メディアデザイン学科」の誤り、
  配布を受けた3年生・仁木さんは児童学科の誤りです。
| プロジェクト::新商品開発・分析 | 12:41 PM | comments (x) | trackback (x) |

2009年度学生開発新商品・学内ファミリーマートで販売開始!

2009/10/21
お待たせしました!
本年度、メディアデザイン学科3年生が開発しました
徳島文理大学オリジナル新商品の4種類、

 ・たぐタグ (ケースつき付箋紙)
 ・エコふろしき (徳島文理大学×小松島西高校)
 ・エコバッグ (布地)
 ・オリジナルタオル (ピンク・青・黒)

明日22日より徳島キャンパス内ファミリーマートで販売開始です!

たぐタグ (ケースつき付箋紙 280円)

 

 クリーム地にドーナツのデザインと、
 黒地にト音記号をあしらったデザインの2種類。

 

 いずれも、マグネットでふたのできるケースに
 大小さまざまな種類の付箋紙が収められています。

エコふろしき (徳島文理大学×小松島西高校 480円)

 

 

 本学科初の高大連携プロジェクトによる共同開発!
 小松島西高校のキャラクターと、メディアデザイン学科のキャラクターのコラボです。
 どちらも小松島西高校「藍の館」による染色で、
 タマネギや藍などの自然染料が使われています。
 ふろしきの使い方の説明書つき!

エコバッグ (布地 480円)

 

 白地に黒で、学科キャラクター「すーちゃん(仮)」の
 かわいらしい様々なポーズが描かれたデザイン!

 

 中央には本学の建学精神「independence and cooperation(自立協同)」が入ってます。
 使いやすい手提げサイズ。

オリジナルタオル (ピンク・青・黒 480円)

 

 
 
 

 「すーちゃん(仮)」をあしらった、かわいいピンク、
 徳島文理大学の校章であるアカンサスの描かれたスマートな青地、
 赤のドラゴンと「徳島文理」の漢字でカッコイイ黒地の3種類。
 いずれも首に巻いてちょうどいいサイズです。

なお、昨年度開発分で大変好評をいただいております「まいはし」も
引き続き販売を継続しています!

いずれの商品も、メディアデザイン学科の専門授業「専門ゼミナールB」におきまして、
学生チームが「自分達だったらどんなグッズを使いたいか」、
「どのような商品ならみんなに受け入れてもらえるか」を検討しながら、
学内アンケート、商品の企画・デザインを繰り返し開発したものです。
是非手にとって見てください!
| プロジェクト::新商品開発・分析 | 08:06 PM | comments (x) | trackback (x) |

NEWEST  TOP     前の記事>>

<<前月 2020年02月 次月>>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

POWERED BY

BLOGN(ぶろぐん)