美馬市木屋平地域の活性化願う調査・研究

2013/07/10
徳島文理大学人間生活学部メディアデザイン学科の学生が中心となって
設立したNPO法人「Awatter Lab」(アワッターラボ)と徳島県立総合大学校
とくしま政策研究センターが連携し、「中山間地域における持続可能な
コミュニティづくりに関する調査研究」を実施しています。

本調査研究は、限界集落を多く抱える美馬市木屋平地区をモデル地区として、
学生と地元の住民の方々が連携して、木屋平の歴史や文化、食、景観、祭りなどの
地域資源の発掘・調査を行い、WEBやSNS等を通じて魅力発信するものです。

この調査研究の第一弾として、今回、学生は県民研究員として美馬市木屋平にある
瀧宮神社の夏祭り(平成25年7月9日(火))の模様を撮影するとともに、
地元の方と交流を行いました。
また、学科からは、NPOの顧問であり、徳島県立総合大学校の客員教授でもある、
矢野先生、古本先生、篠原先生および中尾先生が参加しました。

瀧宮神社の夏祭りは、四国一の清流「穴吹川」に御神輿が入り、川の中を歩く、
県内でも珍しい「川渡御」(かわとぎょ)を行う祭りで、祭りのクライマックスには
急勾配(約40度)の滝の宮神社の石段(70段)を一気に駆け上がる迫力あるものです。





動画速報  




今回、過疎化が進む美馬市木屋平地区に残るこの特色ある夏祭りの様子を調査撮影し、
後日、WEB等で学生ならではの視点で捉えた木屋平地区が持つ豊かな地域文化のひとつとして
県内外に情報発信する予定です。

ご期待下さい!

7月13日(土)徳島新聞朝刊に掲載されました。
| 学科からのお知らせ::地域貢献 | 03:42 PM | comments (x) | trackback (x) |

NEWEST  TOP   <<次の記事  前の記事>>

<<前月 2018年07月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

POWERED BY

BLOGN(ぶろぐん)