特徴と魅力

2016/06/10
【生活環境情報学専攻】博士前期課程

 高度な情報処理技能を修得した上で、「安全かつ快適な生活環境を設計する」という観点から、新しい情報を構築する能力を持った人材を養成することを目的とします。
 このために、生活環境に関し、「生活科学分野」「自然科学分野」「情報科学分野」のうち、いずれかの1分野から、あるいはこれらの分野から総合・複合的に選んだテーマについて、研究を行います。

■ 入学者の受入方針(アドミッション・ポリシー)

 ・人間生活をとりまく生活環境情報学に関する高度の専門性が求められる職業を担うための、深い学識と能力を培いたいと希望する人。
 ・各専門分野の理論と応用を研究し、学芸の進歩と創造に貢献したいという意欲をもつ人。

■ 教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 ・人間生活学の発展のために、生活環境情報学について深い学識及び高度な職業能力を培うことを目的とした各分野の専門科目を置く。
 ・自立協同の建学精神に基づき、適切な研究指導の下で本学学位規程に定められた学位論文を課す。

■学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 ・人間生活学(生活環境情報学)に関する学術の理論と応用を深く究め、学位を取得するに足る研究能力及び実践能力をそなえている。
 ・人間生活の高度な専門知識と問題解決能力を活かし、文化の進展と地域及び世界の発展に寄与することができる。

■ 募集定員

 6名

■ 学位

 博士前期課程2年・・・修士(生活環境情報学)

■ 免許

 中学校教諭専修免許状(家庭)
 高等学校教諭専修免許状(家庭)(情報)

 ※専修免許状を取得できる者は、
  高・中一種免許(家庭)または高一種免許(情報)を有する者に限る。

| 特徴と魅力 | 03:53 PM | comments (x) | trackback (x) |

入試情報

2016/06/10
募集人員および出願資格・出願期間、
選考日・試験科目等につきましては
「入試情報」の「人間生活学研究科博士前期課程」のページで
ご確認をお願いします。
より詳しいPDF版の学生募集要項も公開されております。
| 入試情報 | 03:51 PM | comments (x) | trackback (x) |

NEWEST  TOP     前の記事>>

<<前月 2019年06月 次月>>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

POWERED BY

BLOGN(ぶろぐん)