徳島音楽コンクール

About TMC

TOP | 徳島音楽コンクール概要

徳島音楽コンクールについて

 
すばらしい音楽家になるためには、技術的に正確に演奏する能力だけでなく、知識、伝統、そして創造的思考力が欠かせません。
 
音楽教育を担う徳島文理大学では、音楽学習者の能力を育み、さらに音楽に対する理解と関心を高めるべく広く全国から参加者を募り、第九アジア初演の地、徳島で2009年から「徳島音楽コンクール」を開催しています。

そして2009年の第1回目より、毎回約300名の方の参加があり、四国はもとより、関西圏、東海、関東など全国から集まってきています。
これまでの参加者の中には、プロの演奏家として世界で活躍されている方もいらっしゃいます。
またリピーターが多いのも特徴の1つです。
 
そして本コンクールは、単に順位を決めるだけでなく同世代や世代を超えた音楽仲間との出会い、そして学修の場ともなっているのです。
 
 
 

実行委員長メッセージ

徳島音楽コンクール実行委員長
ジュゼッペ・マリオッティ
[徳島文理大学音楽学部長・教授]
 
 

審査では、テクニックより音楽性を評価します。


「レガート(音と音との間を滑らかに演奏する方法)が適切ではありません!」
「左手が大きすぎます!」

多くの音楽コンクールの審査員は、よくこのような批評をします。
また、各賞の受賞者を選ぶための評価基準として、演奏におけるテクニック的な要素が大きな割合を占めることが非常に多いのです。

そうした現状の中で、徳島音楽コンクールは創設以来、全ての部門において、プロフェッショナルで公正な審査に重きを置いてきました。

全審査員は、演奏の、ある一面のみを評価するような審査方法は、参加者にとって正当な評価ではないと常々感じています。

そして受賞者を選ぶ際は、演奏だけでなく、前面に押し出される「人間性」を追求してきました。

徳島音楽コンクールは、演奏テクニック一辺倒ではなく、それについて先入観や偏見のない、素直な若い音楽家を心より歓迎します。
そして高度なテクニックというよりは、参加者がこれまでに育んできた音楽性を高く評価しているのです。

このような徳島音楽コンクールの姿勢が参加者数の増加、出演者のレベル向上の理由であると考えています。

単に順位を競う場としてだけでなく、音楽家同士が音楽を通して刺激し合い、またいろいろな事を学ぶ場として、みなさんの参加をお待ちしています。
 

第13回
徳島音楽コンクール概要

About 13th TMC, 2021

今回も昨年同様、新型コロナウィルス感染予防対策を講じた上で実施いたします。
「受付」から「審査」「表彰」まで密を避けるための対策を実施します。
詳細は、順次本サイトに掲載いたします。
また、下記の内容は9月下旬ごろの状況を考慮した上で、変更、追加する場合もありますので、トップページの「大切なお知らせ」で最新の情報を随時確認してください。
 
 

開催日時

2021年10月9日(土) 
予選審査は実施しませんので、全員がこの日に演奏します。
【重要】
台風等により10月9日(土)に実施できない場合は、翌10月10日(日)に順延します。このことを予め了承の上、申し込んでください。参加者の都合で10月10日(日)に参加できなくなった場合でも、参加料は返金できませんのでご注意ください。
 
 

当日の審査スケジュール予定

下記の表は、過去のスケジュールに基づいて予測した大まかなスケジュール(予定)です。
確定スケジュールは、参加人数が確定した後(9月下旬頃)に決定し、 「参加者専用サイト」に掲載します。  


※複数部門での参加や、伴奏者が複数の部門で演奏する場合、演奏(審査)時間が重複しても演奏順の変更はいたしません。予め了承の上申し込んでください。
※金管楽器部門と木管楽器部門の審査時間帯が重複することはありません。
※原則として下の年齢区分から順に審査をしますが、参加人数により順番が入れ替わる場合があります。
※ピアノ部門の未就学児の部は午後、小学校全年齢区分は午前に開始します。
  
  

審査会場

徳島文理大学・徳島キャンパス
 
  

審査部門

■ピアノ部門[ソロの部/連弾・2台ピアノの部]
■声楽部門
■弦楽器部門[ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス・ハープ]
■木管楽器部門[オーケストラ・吹奏楽で使用される木管楽器]
■金管楽器部門[オーケストラ・吹奏楽で使用される金管楽器]
■打楽器部門
■電子楽器部門[電子オルガンの部/音楽制作の部]
■邦楽器部門[独奏の部/アンサンブルの部]
[箏・尺八・三味線・琵琶・篠笛・地歌・長唄]
 
  

課題曲・演奏規定について

6月20日(日)、徳島新聞および本サイトで発表します。
「課題曲・演奏規定」のページをご覧ください。

 

申込受付期間

2021年8月20日(金)~9月3日(金)15:00まで
※9月3日(金)15:00までに、Web申込みと参加料の振り込み手続きを完了してください。
 
 

参加要件

下記2つの要件を満たす方。
 
1.公式ウェブサイトに掲載の全ての内容に同意いただいた方。(申込みが完了した時点で全ての内容に同意したものとみなします。)
 
2.下表の年齢区分のいずれかに該当する方。
※学年・年齢は、2021年4月2日時点とします。


  
 

参加料

■全部門[ソロ]
 ※「音楽制作の部」で複数の作品を応募する場合は、1曲毎に申し込みと参加料が必要です。

年齢区分 参加料
未就学児・小学校 ¥6,000
 中学校・高等学校 ¥8,000
 大学・一般 ¥12,000

 
■ピアノ部門[連弾・2台ピアノの部]
部 門  参加料
A 部門 ・ B 部門 1グループにつき ¥10,000
 C 部門 1グループにつき ¥15,000

 
■邦楽器部門[アンサンブルの部]
年齢区分 2人〜3人 4人〜9人 10人以上
小学校
中学校
高等学校
1人につき
¥5,000
グループにつき
¥15,000
グループにつき
¥25,000

金賞の盾と賞状は全員分用意します。


金賞の盾と賞状はグループに1つ用意します。


金賞の盾と賞状はグループに1つ用意します。

大学・一般 1人につき
¥7,000
グループにつき
¥21,000
グループにつき
¥35,000

金賞の盾と賞状は全員分用意します。

金賞の盾と賞状はグループに1つ用意します。


金賞の盾と賞状はグループに1つ用意します。


 
  

申し込み方法

8月上旬に申込手順を「申し込み」のページに掲載します。手順に従って、webサイトの「お申込みフォーム」から申し込んでください。
受付期間は、8月20日(金)~9月3日(金)15:00です。
  
  

表彰と発表

各部門において、年齢区分ごとの優秀者に「金賞」「銀賞」「銅賞」「入賞」「奨励賞」を授与します。
新型コロナウィルス対策として、密を避けるため「表彰式」は行いません。表彰状の発送を以て発表といたします。
 
 

徳島音楽フェスティバル

2021年11月6日(土)13:00開演予定
徳島文理大学むらさきホール
 
全部門の金賞受賞者全員が出演します。
当日の審査で、各部門から1名 「部門最優秀賞」を選出、さらにその中から「グランプリ」を1名選出し、表彰状を授与します。
また「グランプリ」、「部門最優秀賞」受賞者の中から、徳島県と相談の上、県関連イベントにおいて演奏する機会が与えられます。
 
 

その他

今回も密を避けるための対策を講じた上で実施いたします。
詳細は、順次本サイトに掲載いたします。
また、9月下旬ごろの状況を考慮した上で、再検討する場合もありますので、最新の情報を確認してください。
その他の情報につきましても、今後本サイトにて随時発表いたします。

 

アクセス

審査会場

徳島文理大学徳島キャンパス
徳島県徳島市山城町西浜傍示180

お問い合わせ

メニューの「お問い合わせ」からお問い合わせください。
お電話では受付できませんのでご了承ください。

駐車場について

駐車できる台数に限りがあります。満車の場合は入場できませんので、できるだけ公共の交通機関をご利用ください。