平成28年度入学生より、「食品衛生管理者」が取得可能!

平成28年度入学生より、「食品衛生管理者」が取得出来るようになりました。
近年、消費者がより安全な食品を求め、製品を目でみて選ぶ時代となりました。食品の製造や安全性、衛生管理において、必要な知識を修めることで国家資格である「食品衛生管理者(任用資格)」資格を得ることが出来ます。
※任用資格:企業主より任命されることにより携わることが出来る資格
栄養士免許・フードスペシャリスト資格・フードサイエンティスト資格に加え、同時に取得することが出来ます。食のスペシャリストとして、さらに専門性を高めて下さい。
「食品衛生管理者」は、食肉製品や全粉乳、マーガリンなどを製造・加工する施設には必ず置く必要があります。
食品加工学実習Ⅰで豚バラ肉からベーコンを作っている写真です。授業においても、安全性や衛生管理を重視して講義・実習を行います。
1.IMG_0384 2.IMG_0391

Copyright © 2021 Tokushima Bunri University Junior College All Right Reserved.