音楽学部音楽学科 音楽療法コース
短期大学部音楽科 音楽療法コース

音楽療法コース

音楽療法コース

確かな教育力と徹底した個別面談により、あなたの「学び」が「職業」になるまでを完全サポート。

 

音楽療法先進国、アメリカの教育を採用

本学は、アメリカ音楽療法協会(AMTA)加盟校です。レクリエーションなどとは異なり、音楽を利用して対象者の機能(認知、運動、言語、情緒、社会性)の修復や向上をめざす、ヘルスケアの専門職“音楽療法士”を養成します。音楽療法界の権威、マイケル・ローバッカー博士を招いての直接指導を受ける機会もあります。
 

 

音楽療法士資格を活かした就職は100%

確かな教育と徹底した個別面談を基本とし、「音楽療法士就職フォーラム」の開催や地域で活躍する卒業生のネットワーク、卒業と同時に取得できる音楽療法士認定資格(専修・1種・2種)により、あなたの「学び」が「職業」になるまでを完全サポートします。
 

学生ひとりひとりを大切に

音楽療法コースには、大好きな音楽を活かして人の役に立ちたいとの思いを胸に、学び、支え合う学生が集まっています。それを支援する教員は、学生ひとりひとりの現在の学びから、キャンパスライフ、未来の就職まで、常に対話をしながら関わります。

 

教員 PICK UP

井村 幸子(音楽療法関係科目)

音楽療法先進国アメリカから、音楽の療法的な活用について学びましょう。
大好きな音楽をとおして、人の健康や幸せをサポートする仕事が、ここにあります。
私たちと一緒に音楽療法を学び、あなたの輝く未来を切り開いてください。 
 
 
 

千葉 さやか(音楽療法関係科目)

音楽を通して様々な人に寄り添うことのできる、そんな魅力を持つ音楽療法。
その音楽療法の魅力を伝えていく中で、日々、学生の気持ちに寄り添いながら誠実に向き合うことを大切にしています。
講義や実習では主に、高齢者と子どもを対象とした音楽療法の科目を担当しています。
ぜひ一緒に、音楽療法を勉強してみませんか。