健康科学研究所::研究室紹介::池原 敏孝

生体分子構造学部門 池原 敏孝

2017/03/23
学位
医学博士 徳島大学
専門分野
生理学、細胞生理学
職  歴
1976年3月近畿大学薬学部卒
1976年4月近畿大学医学部実験助手
1979年4月近畿大学医学部助手
1982年4月徳島大学医学部助手
1992年7月徳島大学医学部講師
2002年5月徳島大学医学部助教授
2008年4月安田女子大学薬学部教授
2010年4月徳島文理大学保健福祉学部教授
2011年4月徳島文理大学健康科学研究所教授兼任
                             (現在にいたる)

所属学会
日本生理学会、日本細胞生物学会、日本体力医学会、日本生体磁気学会、日本磁気歯科学会、Bioelectromagnetics Society, New York Academy of Sciences

研究要旨
生体に及ぼす紫外及び可視光線照射の影響
免疫系培養細胞RAW 264.7細胞や上皮性HeLa S3細胞にLEDを用い、種々波長の光を照射しその影響を調べる。特に紫外線照射により誘導される活性酸素が上記細胞の増殖等の基本的および特殊な生理機能への影響について調べ、そのメカニズムを探る。なお、照射光はUVA(320-400nm)から可視及び赤外光までを用い、これらの光照射により、培養液や細胞内に誘導される活性酸素等を調べる。活性酸素については、一過性に誘導される一重項酸素の様な不安定種とこの活性酸素等から生じる他の活性酸素種(ラジカル種、非ラジカル種)も測定する。また活性酸素が発生しない波長ではどのような影響がどのようなものを介して生じるのかを解明する。波長によっては分化を促進するものがある。さらに活性酸素が除去可能といわれる各種糖類の活性酸素除去能について調べ、その効果について検証する。

根尖病変への特殊電磁波照射による殺菌及び骨芽細胞の活性化および歯槽骨の再生促進治療法の確立とその細胞生理学的解析に関する研究
歯の根尖病変への特殊波形電磁波の照射により生じるこの部位の殺菌効果、骨芽細胞の活性化、歯槽骨の再生促進が現在確認されている。我々の研究グループでは、この特殊波形電磁波の上記諸作用を及ぼす有効成分の抽出、およびこの成分による治癒機序を解析するため、歯の形態に基づいた歯周辺に流れる電流シュミレーションや、骨芽細胞への電磁波曝露による細胞レベルでの実験等を行っている。

生体に及ぼす高周波磁界の影響
交感神経類似機能を持つ副腎髄質細胞等の神経系の細胞への高周波磁界曝露の影響を調べる。現在、電場強度(Electric field strength)26.6及び54.6 V/mで細胞に曝露し、アセチルコリン誘導性の細胞内Ca2+濃度増加機構への影響を調べているが、統計的な有意差は認められていない。このレベルの磁界は、家庭では既に使用されている調理器でも発生するが、これらの機器から漏れ出る磁場、電磁波の生体の生理機能への影響を詳細に調べる。

生体に及ぼす2種類の極低周波変動磁界の影響
IGF-1を添加したマウス骨芽細胞に3mT, 60Hzの極低周波変動磁界を曝露すると、p38MAPKの関与するコラーゲン合成が刺激され、これにはPI3K経路の関与が示唆されることを見出した。今後さらに骨形成に及ぼすこの変動磁界の刺激作用について追及する。
交感神経類似機能を持つ副腎髄質細胞への低周波磁界(1/6Hz, 1.5T)曝露の影響を調べる。現在のところ、細胞内情報伝達機構であるアセチルコリン誘導性の細胞内Ca2+濃度の一過性上昇機構、細胞内アクチン線維の構造、ミトコンドリア膜電位、細胞呼吸に有意な影響を及ぼすことを明らかにしている。研究は、神経・神経および神経・効果器との神経伝達機構、化学伝達物質合成能への影響を探る研究へと進めている。

主 要 論 文
1. Ikehara T., Nakahashi M., Zehong S., Akutagawa, M., Tsuchiya K., Kitamura M., Takahashi A., Kinouchi Y. Effects of UV-A LED light irradiation on growth of cultured RAW cells. Toxicol. Environ. Chem., 97(2), 243-255, 2015.
2. Ikehara, T., Nishisako, H., Minami, Y., Ichinose(Sasaki), H., Shiraishi, T., Kitamura, M., Shono, M., Houchi, H., Kawazoe, K., Minakuchi, K., Yoshizaki, K. Kinouchi, Y. Miyamoto, H. Effects of exposure to a time-varying 1.5 T magnetic field on neurotransmitter-activated increase in intracellular Ca2+ in relation to actin fiber and mitochondrial functions in bovine adrenal chromaffin cells. Biochimica et Biophysica Acta, 1800(12) 1221- 123, 2010
3. Hamamoto, A. Mori, M., Takahashi, A., Nakano, M., Wakikawa, N., Akutagawa, M., Ikehara, T., Nakaya, Y., Kinouchi, Y. New water disinfection system using UVA light-emitting diodes. J Applied Microbiology, 103(6) 2291- 2298, 2007
4. Ikehara, T., Yamaguchi, H., Hosokawa, K., Houchi, H., Park, K. H., Minakuchi, K., Kashimoto, H., Kitamura, M.., Kinouchi, Y., Yoshizaki, K., Miyamoto, H. Effects of a time-varying magnetic field on transient increase in Ca2+ release induced by sytosolic Ca2+ in cultured pheochromocytoma cells. Biochimica et Biphysica Acta, 1724(1,2) 8~16, 2005
5. Ikehara, T., Yamaguchi, H., Hosokawa, K., Miyamoto, H., Aizawa. K. Effects of ELF magnetic field on membrane protein structure of living HeLa cells studied by fourier transform infrared spectroscopy. Bioelectromagnetics. 24(7) 457-464, 2003
6. Ikehara, T., Park, K.H., Yamaguchi, H., Hosokawa, K., Houchi, H., Azuma, M., Minakuchi, K., Kashimoto, H., Kitamura, M., Kinouchi, Y., Yoshizaki, K., Miyamoto, H. Effects of a time-varying strong magnetic field on transient increase in cytosolic Free Ca2+ induced by inositol 1,4,5-trisphosphate in cultured bovine adrenal chromaffin Cells. Bioelectromagnetics,23(7) 505-515, 2002
7. Ikehara, T., Park, K.H., Yamaguchi, H., Hosokawa, K., Yoshizaki, K., Miyamoto, H., Aizawa, K., Kinouchi, Y. Effects on Rb+(K+) uptake of HeLa cells in a high K+ medium of exposure to a switched 1.7 Tesla magnetic field. Bioelectromagnetics, 21(3) 228-237, 2000.
8. Ikehara, T., Park, K. H., Houchi, H., Yamaguch, H., Hosokawa, K., Shono, M., Minakuchi, K. Tamaki, T., Kinouchi, Y., Yoshizaki, K., Miyamoto, H. Effects of a time-varying strong magnetic field on transient increase in cytosolic free Ca2+ induced by bradykinin in cultured bovine adrenal chromaffin cells. FEBS Letters, 435(2-3) 229-232,1998
9. Ikehara, T., Yamaguchi, H., Hosokawa, K., Takahashi, A., Miyamoto, H. Kinetic study on the effects of intracellular K+ and Na+ on Na+, K+, Cl- cotransport of HeLa cells by Rb+ influx determination. Journal of Membrane Biology, 132(2) 115-124, 1993
10. Ikehara, T., Takahashi, A.. Yamaguchi, H., Hosokawa, K. , Masuya, T., Miyamoto, H. Regulatory changes in the K+, Cl- and water contents of HeLa cells incubated in an isosmotic high K+-medium. Biochimica et Biophysica.Acta, 1068(1), 115-124, 1993
11. Ikehara, T., Yamaguchi, H., Hosokawa, K., Takahashi, A., Masuya, T., Miyamoto, H. Different patterns of cell volume regulation in hyposmotic media between attached and suspended HeLa cells. Biochimica et Biophysica Acta, 1111(2) 151-158, 1992
12. Ikehara, T., Yamaguchi, H., Hosokawa, K., Miyamoto, H. Kinetic mechanism of ATP action in Na+-K+-Cl-- cotransport of HeLa cells determined by Rb+ influx studies. American Journal of Physiology, 258(4 Pt-1) 599-609, 1990

最近5年間の論文リスト
1. Ikehara T., Nakahashi M., Zehong S., Akutagawa, M., Tsuchiya K., Kitamura M., Takahashi A., Kinouchi Y. Effects of UV-A LED light irradiation on growth of cultured RAW cells. Toxicol. Environ. Chem., 97(2), 243-255, 2015.
2. Nishisako, H., Ikehara, T., Shiraishi, T., Minami, Y., Sasaki, H.I., Houchi, H., Kawazoe, K., Minakuchi, K., Kitamura, M., Shono, M., Yoshizaki, K., Kinouchi, Y., Miyamoto, H., Effects of a 1.5 T time-varying magnetic field on cell volume regulation of bovine adrenal chromaffin cells in hyposmotic media. J Medical Investigation, 58(1,2) 95- 105, 2011

特許
木内陽介、池原敏孝、高橋章、芥川正武、中野政之、森美怜、紫外線殺菌装置 LEDを使用する紫外線殺菌装置装置の設計と製作 (特許第4771402/出願番号:2005-190625)平成23年7月1日(出願:平成17年6月29日)
| 研究室紹介::池原 敏孝 | 04:25 PM | comments (x) | trackback (x) |

NEWEST  TOP